【トレードの練習】形(カタ)①『Try届かず』を探してみよう 日立建機編

2018年1月27日

しまねこです。

練習方法

前回、【トレードの道具】チャートの形(カタ)図鑑①Try届かず を取り上げました。
今回はこの『Try届かず』を日立建機(6305)のチャートから探してみます。

リーディングをしながら見ていきますよ。

「Try届かず」を探してみよう

早速見つけました。前の高値にTryして届かず下落。
一回目の下落を「逆半分の法則」で取るより、この「Try届かず」で2番目の山の下落をとる方が、より確実で安心感がありますね。

6305_trytodokazu_1.PNG

パンパカパーンのC(上昇)局面では『Try届かず』は出現せず
上げた後のB局面、B局面の終わりに出現率が高くなりますね。これも気づき!

6305_trytodokazu_2.PNG
前の高値に何度もTryして越えられず。下落した後に再度上昇して今度は300日線近辺でTry届かず。

6305_trytodokazu_3.PNG
節目の2,000円にTry届かずを1ヵ月半繰り返し。「逆半分の法則」で空売りを入れて下落を取っていく。

6305_trytodokazu_4.PNG

A(下降)局面の後のB(ボックス)局面にも出現します。こんな下落が空売りで取れたらいいなぁ(妄想…)

6305_trytodokazu_5.PNG
前の高値の手前で横ばいになり、下落。ここも「逆半分の法則」で空売り。

6305_trytodokazu_6.PNG

この『Try届かず』を捉えて、確率高く空売りが入れられるように!練習を続けていきますよ~

ブログ村参加中!
クリックして頂けると励みになります
housewifetrader125_41_z_leafpot.gif
にほんブログ村

コメントを頂けると嬉しいです。
コメント(ディスカッション)は一番下にあります。
よろしくお願いします♪

スポンサーリンク