【株塾の復習】No.81 当時の東京マーケット(C局面)の考察と建玉

2018年1月27日

しまねこです。

今回も過去の株塾の復習をしていきます。
No.81 2016/12/13放送分のテーマは「東京マーケットの考察と建玉」

冒頭に、相場さんがこんなお話を。
ウイニングクルーの担当社員で、会員の方からの問い合わせに答えるのに、基礎知識をつけるために動画を何十回も見て、トレードしてみたところ、2戦2勝!
No.97で登場した株エリナさんですね。
技術なので何十回も見ることで身についてくる。

テーマ「東京マーケットの考察と建玉」

この時期はしまねこが株を始めた頃。この放送もリアルタイムで視聴してました。
日経平均はパンパカパーンで上がっていて、買いを持っていたらウハウハw
売りを持っていたら踏みあげられている 相場ですね。しまねこはそんな銘柄には取り組んでいませんでした…。

プロに近づくと売りが好きになる。でも、このチャートの形はC局面で買い!
個別銘柄では下落していて空売りで取れているものもある。
チャートで見ていくずーっと5日線の上で動いているので上がっていく。

当時の日経平均のチャート(懐かしいですかね~)

no81_nikkei225.PNG

上向きの20日線を5日線が下から抜いていく「くちばし」(鳥の嘴に似た形)も出来て、パンパカパーン
20日線が上がっているときに並行して5日線が上がっているときに、500円毎の節目で一旦横ばって、20日線まで下げずに戻っていって、陽線になると上がっていく。
上がって横ばいで一度手仕舞って、更に5日線の上に陽線で抜けたら買い。
この繰り返しをしていずれ天井がやってくる。
その後の動きはこんな感じ

no81_C→B→A.PNG

リスナーからの質問

チャート1,000枚リーディング/ペイントという話が出てくるが、それは用意されたチャートがあるのでしょうか?
チャートギャラリーで画面に表示された1枚について、練習をする枚数を競っている。
しまねこも今年中に1,000枚目指しています!

得意技として正しいか伺いたいです。
上昇して、5、20、60日線がきれいに並んでいる時(パンパカパーンですね)に、株価が落ちてきて、移動平均線を割り込み、いったん下げ止まって上昇し、20か60日線に当たって、比較的長い陰線が出たら、売りを入れる。
いい!でも、長い陰線じゃないと戻ってしまう可能性がある。

図にするとこんな感じ

no81_tokuiwaza1.PNG
相場さんの得意技はこんなところ

no81_tokuiwaza2.PNG

過去放送分の動画の視聴方法と放送リストはこちら

ブログ村参加中!
クリックして頂けると励みになります
housewifetrader125_41_z_leafpot.gif
にほんブログ村

コメントを頂けると嬉しいです。
コメント(ディスカッション)は一番下にあります。
よろしくお願いします♪

スポンサーリンク