【今週の相場師朗の株塾】画像のトラブル発生!短めでしたが、沁みる訓戒に

2018年1月27日

しまねこです。

今日は火曜日。相場師朗の株塾、Ustream見ましたよ。

ラジオNIKKEI「相場師朗の株塾」ラジオNIKKEI「相場師朗の株塾」Ustream

No.105の今日のテーマは「前日に選んだ銘柄に飛びつくな!プランが大事!」

相場さんは松本大学の総合経営学部の講師をされているそうです。
教科書は相場さんの著書「株は技術だ!」とのことで、大学で株取引について教えてもらえるなんて…羨ましいと思ってしまいました。

リスナーからの質問

テーマの前に、リスナーの「助けてさん」の質問(他人事とは思えないペンネームですねw)
パンパカパーンの後の押し目の後の順張り」を狙っているそうで、

パンパカパーンというのは上昇の場合、移動平均線の順番が下から300日線が上を見て、
その上に上向きの100日線、その上に上向きの60日線、
その上で上向きの20日線、その上に上向きの5日線があって、思いっきり上げるチャートの形。
最近のファンケルはこの形ですね。

移動平均線がその状態で、株価だけ下がった時=押し目。
もう一度株価が上がったときに買う→「パンパカパーンの後の押し目の後の順張り」
でも、これ実際には難しいです。しまねこも実感してます…。
しまねこはこれを「跳ねっ返り」とも呼んでます。

練習95:本番5」なのを実感されているとのこと。ホントですね。
関連記事:【株塾の復習】No.30 「練習(研究)95、本番5の考え方」

「助けてさん」は今月中に利益が欲しい切羽詰まった状態って…w
しまねこも最近ダメダメなので、そんな気持ちですが あんまり焦らずに頑張りたいですね。

半月で収益を少しでもとれる特訓を一つ教えてください!という切実な質問でした。
相場さんの答えは、まさに「パンパカパーンの後の押し目の後の順張り」を狙ってJPX400で探しまくる。
週足確認して大丈夫だったら、トライ。
3回目なら下がってしまう場合も。
(確かにチャート見ていると、3回までってホント多いです。)

自分が理解している技を使える場所を探す。
柔道で上四方固めしかできなかったら、それに持っていくように動くしかない。
得意技を作る。チャートで確認をして、練習をして、その場所を探す。
並行せず、技一つをとことん練習しておく。

その他、相場さんの回答としては、
週足で下落→「逆半分の法則」(リアルの株塾ではこれを「逆下半身」と呼んでます…。下ネタです )を日足で狙う。
週足で上昇5、6本目は買いを入れず、「半分の法則」で上昇になったときに買うとか、
エリナさんの得意技「逆くちばしの後のもの別れ」とか、を練習していくのがいい。

「助けてさん」はリアルの株塾に入塾する、温泉合宿に参加するのが夢って、しまねこも一緒です! 一緒に頑張っていきたいです。

テーマ「前日に選んだ銘柄に飛びつくな!プランが大事!」

さて、今日のテーマの「前日に選んだ銘柄に飛びつくな!プランが大事!
住友金属鉱山(5713)を例に見ていきます。

週足を見て、まずローソク足を消してみる

no105_5713_weekly_no_candle.PNG

これで週足としては下落だとわかる
その後にローソク足を出して見てみる。

no105_5713_weekly.PNG

下落4週目だということがわかる。
そして日足を見る。

no105_5713_daily.PNG

日足では上がっているが週足から買ってはいけない。(この場面、買ってしまった~ )

買わずに見ていると、中長期に合わせて下がってくる。ここで「逆半分の法則」で空売りを入れる。
途中陽線が出るが、週足と5日、20日線したの位置から我慢。
日足で上がっていても、週足の流れに合ってくる。
下がってきたら売ってやると思って待つこと。
ちゃんと考えたプランに合っていることを確認して、実行に移す。
こうやってプランを立てて、プラン通り動くことを確認してからエントリすること!

前日に選んだ銘柄にエントリしてもいい。でも、何となくで飛びつくのではなく、しばらく観察してその通りに動いた方が確率が高い。だからプランが大事!

パソコンの接続不良トラブルにより、、
パソコンを手持ちのカメラで映していて酔いそうな番組に…w
なんだか手作り感がハンパないw
いつもより短めの課外授業でしたが、ダメダメなしまねこの訓戒になりました。

過去放送分の動画の視聴方法と放送リストはこちら

ブログ村参加中!
クリックして頂けると励みになります
housewifetrader125_41_z_leafpot.gif
にほんブログ村

コメントを頂けると嬉しいです。
コメント(ディスカッション)は一番下にあります。
よろしくお願いします♪

スポンサーリンク