【株塾の復習】No.100 『5日線を陰線で割ったら空売り』を検証してみる

2018年1月27日

しまねこです。

相場師朗の株塾No.100 先日5/2放送分の復習をしていきます。

局面ごとの『5日線を陰線で割ったら空売り』法則

課外授業でチャートで説明していた、『5日線を陰線で割ったら空売り』の成功パターンと失敗パターン
ボックス(B)、下落(A)、上昇(C)局面それぞれでこの『5日線を陰線で割ったら空売り』法則の勝率を見ていきます。

ボックス局面

まずはボックス(B)局面
法則が成功したエントリポイントは、失敗しているところはになっています。

no100_nikkei225_B.PNG

ボックスだ!って気づかないと失敗しますね。改めて実際に見ていた日々を思い出して難しすぎる…と思いました。
相場さんが示してくれた建玉も今はまだできそうにないです…。

下落局面

次に下落(A)局面

no100_nikkei225_A.PNG

下落局面は成功確率が上がりますね。

上昇局面

上昇(C)局面

no100_nikkei225_C.PNG
20/60/100日線が上向いている時は5日線を陰線で割っても、陽線で跳ねっ返る場合が多い

窓開けの場合

また、窓開けの場合青い〇で印をつけたところ

no100_nikkei225_mado.PNG

窓開けも移動平均線の位置・傾きを見ないとですね。

しまねこも法則一つだけじゃなくて、移動平均線の位置・傾きも見ているはずなんですが、、
情報が多いと迷いもあって、うまくいってません。そして練習不足です
課外授業で取り上げられた日経平均株価を見ていきましたが、個別銘柄でもこのチェックやっていこうと思います!

過去放送分の動画の視聴方法と放送リストはこちら

ブログ村参加中!
クリックして頂けると励みになります
housewifetrader125_41_z_leafpot.gif
にほんブログ村

コメントを頂けると嬉しいです。
コメント(ディスカッション)は一番下にあります。
よろしくお願いします♪

スポンサーリンク