【株塾の復習】No.14 エントリーポイント 買い編

2018年1月27日

しまねこです。

No.14 のテーマは『考えられるエントリーポイント(買い編)』
2015/8/11放送分の復習をしていきます。

当時の東京マーケット

放送当時の東京マーケット。この日は大きく下落した日で中国の人民元の切り下げにより中国の景気減速懸念で下げたとのこと。
今はボックス圏でボックスの上限に達したので弱くなったと捉えられる。この後は上か下に抜ける。
チャート上は下限が切り上がって雰囲気は上げそう。上に抜けたとしても押し目はある。

no14_nikkei225.PNG

後から見ると、放送当日はボックスの上限に達した日でこの後大きく下落していますね。この段階でも上がるか下がるかは1日ずつしか明らかにはならないですね。でも、Xデー迫る!

テーマ『考えられるエントリーポイント(買い編)』

さて、本題の 考えられる買いのエントリポイント

基本:下落中から観察して、5日線に接してまたいでいくパターン
伊藤園(2593)

no_14_2593_1.PNG

前の高値を越えた時

no_14_2593_2.PNG

下落してきて、5日線に接して、接して、またいで5日線の上に陽線で2日出る

no_14_2593_3.PNG

下落して、下げ止まって順調に上げて20日線に接してまた下げて前回の安値に並んで下げ止まる

no_14_2593_4.PNG

下落して20日線もしくは60日線にぶつかって反転した時
これはよく出てくる『跳ねっ返りの術』ですね。

以上5つの買いのエントリーポイントでした。
どれも共通しているのは「下落を見ていく」ということ。
改めて、このルール破って買ってるなぁ と反省してしまいました、、

過去放送分の動画の視聴方法と放送リストはこちら

ブログ村参加中!
クリックして頂けると励みになります
housewifetrader125_41_z_leafpot.gif
にほんブログ村

コメントを頂けると嬉しいです。
コメント(ディスカッション)は一番下にあります。
よろしくお願いします♪

スポンサーリンク